どんちっちカレイ

カレイ漁場カレイは、島根県ではとてもなじみのある魚です。
浜田漁港で獲れる代表的なカレイは「ミズカレイ」「エテカレイ」「ササカレイ」です。
浜田市周辺の特産品のひとつとして塩干品がありますが、その中でも特に一夜干しは絶品です。
産卵前には脂がのり、淡白な中にも上品な味わえ、人気を呼んでいます。
白身の絹の様な身質にくわえ、旨味、甘味、脂質分が適度に混在している、これが焼いても美味しい、人気のゆえんといわれています。
浜田地区の沖合底びき網で漁獲したものを「どんちっちカレイ」としてブランド化し、自信を持ってお届けしています。
カレイ
カレイのさばき方 → カレイのさばき方

カレイのさばき方を 写真を使って簡単に説明しています。お魚をさばいた事のない方は、是非 挑戦してみてくださいね。

ミズカレイ

島根県ではカレイ塩干品の生産量が全国第1位で、かつ5割近いシェアを占めております。
特に「浜田の干しカレイ」は全国的に定評があります。
島根県で漁獲するカレイの中でミズカレイはエテカレイに次いで多い種類であり、多い年は1,200トンの漁獲があります。
8月中旬~翌2月に漁獲、200g以上のものを「どんちっちカレイ」の規格としています。

エテカレイ

水深100~200mの海底に棲むエテカレイは隠岐島周辺から対馬にかけてが日本有数の漁場です。
島根県をはじめ兵庫・鳥取・山口の各県でも底びき網漁が行われており、多い年では年間5,000トン以上の漁獲にのぼります。
島根県の漁獲は多い年で2,300トンもあり、西日本で常に1~2位の漁獲を誇っています。
8月中旬~翌2月に漁獲し、200g以上のものを「どんちっちカレイ」の規格としています。

ササカレイ

一時は「幻の魚」と言われた高級魚ですが、近年漁獲量も増えています。
全国的にはヤナギムシガレイ、島根県や日本海側各地ではササカレイと呼ばれています。
いずれの呼び方も薄く細長い柳の葉の様な形をしているところからきたものでしょう。
一夜干しはカレイ類の中では最高級品であり、持ちカレイは特に珍重されます。
8月~翌2月に漁獲し100g以上のものを「どんちっちカレイ」の規格としています。