どんちっちノドグロ

ノドグロ漁場体表が赤いのでアカムツと言われていますが、口腔が黒いことから別名「ノドグロ」とも呼ばれています。
日本有数の漁場が島根県沖から山口県沖にかけてにあります。
その中でも島根県機船底曳網漁業連合会浜田船主部会が底びき網で漁獲したもので、浜田市場で8月~1月に扱われる、かつ サイズが150g以上の鮮魚を「どんちっちノドグロ」とブランド規格化!
身は柔らかく淡い紅色、煮付け料理が一般的ではありますが、塩焼き、刺身、蒸しもの、魚すきなどにも合う、大変美味な高級魚であります。
ノドグロ
ノドグロのさばき方 → ノドグロのさばき方

ノドグロのさばき方を 写真を使って簡単に説明しています。お魚をさばいた事のない方は、是非 挑戦してみてくださいね。

どんちっちノドグロ おいしさの秘密は…

ノドグロ 脂がのって美味しい…それは脂質含有量が多いからです。
底びき網で漁獲される「浜田のノドグロ」ですが、釣りや延縄、また別の漁場で漁獲されたものより脂質含有量が多いのはなぜ?
こたえはこの海域に多数生息する甲殻類やプランクトン等が脂質に富んでいるため。
これらを栄養源として成長するからではないかと考えられています。
特に8月上旬から獲られる「ノドグロ」の脂質含有量が豊富で、最高に美味しいと味われています。