どんちっちアジ

アジ漁場 島根県西部沖で漁獲されるマアジは脂のり良く、旬の時期はトロにも匹敵する!と従来から言われてまいりました。
浜田港で漁獲されるマアジの旬を解明するため、水産技術センターにて脂質含有量の経年変化の調査が近年に行われました。
その結果、浜田港に水揚げされるマアジは他の産地のものより 脂肪含有量が高いことが明確に!
そこで
私達は厳しくブランド化し、「どんちっちアジ」として品質の保持して多く方々にお届けしております。
脂肪含有量
一般のアジ:3.5%
浜田港で水揚げされた旬のマアジ:10~15%超
アジ
アジのさばき方 → アジのさばき方

アジのさばき方を 写真を使って簡単に説明しています。お魚をさばいた事のない方は、是非 挑戦してみてくださいね。

どんちっちアジ おいしさの秘密は…

アジ 脂がのって美味しい理由は脂質含有量が多いため。なぜ山陰浜田で漁獲されるマアジは脂肪含有量が非常に高いのか!?

カギは島根県西部沖に生息するプランクトン。"カラヌス"体の半分以上が脂で構成される"カラヌス"と呼ばれ、体の半分以上が脂で構成されている これが栄養源となり、島根県西部沖のマアジは豊富な資質含有量を保有しているのではないかと考えられています。

特にアジの旬である4月~8月は脂質含有量が10%以上にもなります。